高周波を使って膣を引き締めるビビーブの機能を知ろう

女性のミカタ

機能を解説

コラーゲンを生成する

身体にハリをもたらすコラーゲンはその原料となる成分を十分に摂取できていなかったり、代謝が落ちて生成しづらくなっていたりすると、減少し続けます。
ビビーブを使うことで、そのコラーゲンが生成する動きが活発になるので、活用すれば膣の若返りを図ることができるのです。

高周波を使う

どのような作用があってコラーゲンが生成されるのかというと、身体に影響のある高周波エネルギーをビビーブは発していて、このエネルギーが若返りに効果があります。
膣のしまりがゆるくなっているという人は、膣壁が薄くなってしまっています。断熱パルスを発するチップを膣内に入れ、入口付近をなぞることで、膣壁のコラーゲンが生成されるのを促すことができるのです。反対に膣の表面は冷却できるので、表面の皮膚が熱で破壊されることはありません。

筋力が高まるわけではない

クリニックで治療を受ける際には、ビビーブが自分に合った治療方法なのかを見極める必要があります。筋力が弱まっていて膣内の圧力が弱まっているという人にはビビーブはあまり効果はないといえるでしょう。

外科手術ではない

高周波のエネルギーを照射するという仕組みなので、外科手術が受けられない人にもビビーブは向いている治療であることがわかります。出産を今後控えているという人は余計な手術は避けたいものです。そういった人にはビビーブが向いているでしょう。

広告募集中