大変なことになる前にビビーブで解決しよう

女性のミカタ

考えられる問題

コンプレックスを抱える女性

「いつの間にか夫が夜家に帰ってくるのが遅くなった」
「夜の営みになると緊張してしまう」
そういった悩みを抱えている人は、女性器の形に悩んでいたり、膣がゆるんでいたりとコンプレックスをもっていることが多いです。

起こりうる障害

夫婦や恋人間でセックスレスになってしまうと、そのまま仲良く過ごせるという人もいますが、たいていの場合気持ちがすれ違って問題が生じてしまいます。

例えば、セックスレスが原因で離婚するというカップルもいます。
今まで行なってきたことが減り、会話も少なくなると、その内気持ちが通わなくなってしまいます。子供の世話に追われていると女性にはどんどんストレスも溜まってしまいますので、お互いがどう考えているかの意思表示が必要です。

そうとはいえ、少なくなった会話を自然に元に戻すのは難しいことです。まずはビビーブなどを活用して身体のコンプレックスを解消して、気持ちを上向かせることが大事です。

妊娠中や産後

ホルモンのバランスが乱高下することによって、気持ちが落ち着かなくなることもあります。
この例としては妊娠中や産後、更年期の期間が挙げられます。ストレスでもホルモンバランスは悪くなりますので、夫婦間で何か不満がある場合は適切に話し合うことが大事です。

膣トレと手術で心身ともに健康になる

もしセックスレスを解消したいと考えるなら、膣を引き締めることが推奨されています。セックスレスの原因は性的な刺激の減少ですが、膣を引き締めることでお互いの満足度が高まります。
婦人科形成外科ではビビーブを使ったり手術をしたりして女性コンプレックスの解消に努めています。